疑いのまなざしでシーボンの体験をしてきました。

最近、肌のほうれい線が気になってきたこともあり、エステに興味があったのですが、自分からエステの予約をする勇気が出せないでいました。

 

そんなときに、たまたま道でキャンペーンをやっていたので、その流れで体験に行ってきました。シーボンはフェイシャルエステ専門なので、痩身などのボディー系のエステに興味がない私にとっては不要なコースを勧められないという安心感がありました。

 

しかも、お客さんが割と年齢層が高めで、エステと言えば若い子ばかりという私のイメージは完全に覆され、中高年でも気後れせずに入りやすいような雰囲気でした。

 

店に入ると、いかにもベテランという感じのスタッフに担当され、シーボンの会社についてやシステムについて、DVDなどを使って説明されました。その段階で、化粧品の購入金額に応じてエステが無料で受けられるということが分かりましたので、最後に化粧品の売り込みがあるなと感じましたが、とりあえずエステを体験してみようという気持ちでいました。

 

シーボンは個室にはなっておらず、大部屋に7つくらいベッドがあり、4人ぐらいパックしながら寝ているのが丸見えで、ちょっと驚きました。洗顔は自分で行い、終わるとベッドに案内され、マッサージやパックをしてくれます。シーボンの美顔マッサージで、肌の老廃物が外に出てくるので、自宅ではできない「肌の大掃除」のようなものだと説明されました。

 

マッサージは顔だけでなく、肩や足もやってもらえます。私の担当のスタッフは、たぶん私を勧誘するためにいつもより入念にマッサージをしているような印象を受けました。

 

確かに、マッサージはとても気持ちよく眠ってしまいそうでしたが、眠ってしまってはもったいないような気がして、がんばって起きていました。しかし、翌日にはモミ返しで、首と肩が回らないくらい痛くなり、やっぱりあのスタッフはやりすぎたのだろうと思いました。

 

パックなどが終わって、ベッドから降りるとすべてのスタッフが申し合せたように「キレイになりましたねー」「白くなりましたね」と声をかけてきました。たぶん、そのように言わないと上司に怒られるんだろうなと気の毒に思いながら、私は愛想笑いをしてあげるのが精いっぱいでした。

 

パックを落として鏡を見るときに「どう?いつもと全然肌の色が違うでしょ」と言われたのですが、その鏡は明らかに専用の白い照明がガンガン当たっていて、美白に見えるように作られていました。

 

そのため、自宅の洗面所の鏡で見た顔の印象とは、確かに違うのですが、でもこれを鵜呑みにはできないなと思いました。最初に洗顔したときに、よく顔を見ておけば比較できたかもしれませんが、私は特に注意してみていなかったので違いは分かりませんでした。

 

最後に思った通り、化粧品の16万円のコースを勧められました。そんなに強引な感じではありませんでしたので、「ちょっと考えたい」と言うとすぐに納得して解放してくれました。

 

でも、しばらく考えて通ってみたくなったので、数日後に少しだけ化粧品を購入し通うことにしました。勧誘が強引だったら、絶対に買わなかったと思うので、私は作戦にハマったのかなとも思いますが、でもエステに通うのが楽しみです。

 

30代女性O.Aさん
利用したエステサロン:シーボン

 

 


 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加