脱毛エステの勧誘について

脱毛エステは興味があるけど、勧誘が怖いから行くのをためらっているという人も決して少なくありません。両ワキだけ脱毛したくて行ったのに、全身脱毛をしつこくセールスされて非常に迷惑だという場合も考えられますよね。

 

最近の脱毛エステサロンの勧誘について実態を調べてみましょう。

 

勧誘がある所はいまだにある・・・

実はいまだに強引な勧誘は無くなってはいないという悲しい事実はあります。大手企業では、強引な勧誘があった場合のクレーム窓口を設けているような徹底した運営を行っている優秀なサロンもありますし、コースの紹介はしても、検討するなどの返答をすればそのまま終わるケースも増えてきています。

 

そうしたきちんとしたサロンの一方で、ひどい勧誘が怖くなって契約してしまったなどという悩みを訴えている人がいることも確か。比較的ブランドが通っていないような独立店などは激しい勧誘が絶えない場合もあるようですので、注意は必要でしょう。

 

クーリングオフ制度を知っておこう

クーリングオフ制度というのは、簡単に行ってしまえば「一定条件をクリアしていれば無条件で解約ができる法制度」です。もし強制に負けて契約してしまったとしても、この制度でなかったことに出来る場合もありますので知っておきましょう。

 

エステの場合、訪問販売や電話勧誘の他に「特定継続的役務提供」というものもあり、期間が1ヶ月以上、5万円を超える契約の場合には無条件で解約出来る権利があります。でも自分でサロンへ行って、1ヶ月以内で5万円以下の契約をしてしまったら対象ではありませんので、自分できちんと断る必要があります。

 

断り方を知っておこう

エステの断り方であまり良くないのは「お金がない」です。じゃあお金があればやりますか?ボーナスが入ればやりますか?給料日後ならやりますか?理由付けが面倒になるだけです。

 

いちいち断るのに言い訳をつけてあげる必要もないので、単純に「せっかくですがお断りします」とだけ言えば良いだけのこと。本当に検討したいなら、「家に持ち帰って検討します」でOKです。

 

それ以上でもそれ以下でもありませんので、それを繰り返してください。
一番良くないのが、曖昧な態度や気弱な態度ですよ。

 

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加