脱毛エステの光脱毛とは?

脱毛エステで広く採用されている脱毛方法は、ほとんどが光脱毛と呼ばれるシステムを採用しています。

 

エステサロン独自に研究開発したマシンなどがある場合もあるので、ネーミングや細かい仕様は異なるものもありますが、基本的な脱毛の考え方は同じと言っていいでしょう。

 

併用して、電気ニードル脱毛という針を使った脱毛も採用されていますが、こちらは痛みを伴いますし、広い範囲を一気に処理するなら光脱毛が一番でしょう。

 

光脱毛とは

フラッシュ脱毛とも言われますが、短い時間に広い範囲を処理出来て、しかも痛みがまったくないと言っていいほど優しいためにとても人気の高い脱毛法です。

 

料金も比較的安く済むので、ユーザーとしてはいいことばかりですね。光脱毛は、メラニン色素に反応する光の波長を使って、肌の組織には何の影響も与えずにムダ毛だけを処理する仕組みです。

 

成長期のムダ毛を狙い撃ち

光脱毛は、メラニン色素が濃ければ濃いほど強く反応するので、成長期のムダ毛にはとても良く反応します。一番ダメージを与えたいのが毛根にある毛乳頭という部分なのですが、ここにしっかりダメージが届くのが成長期なのですね。

 

だからその人のムダ毛の毛周期を掴んで、成長期にしっかり処理をすると効果も非常に長持ちしますし、次に生えてくるムダ毛にも大きな影響を与えることが出来ます。

 

日焼けはダメ!

最近では日焼けは肌トラブルの元!とみんな知っているのでUVケアはしていると思いますが、日焼けは肌に出来るメラニン色素ですから、当然光脱毛の影響を受けてしまいます。

 

だから脱毛エステでは、日焼けした人の施術はしません。

 

夏だと3ヶ月以内に積極的に肌を焼いてしまった人は、おそらくもう1ヶ月以上間をあけてからまた来店するよう言われるでしょう。また、脱毛直後の肌もとても弱くなっていますので、脱毛後に日焼けするのもトラブルを起こすことになります。

 

とにかく「脱毛と日焼けは絶対に一緒にしてはダメ!」と覚えておけば安全でしょう。

 

 

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加